Sandy Bridge搭載の中古デスクトップの落札を目論む

今使ってるデスクトップパソコンよりも性能が数段上のパソコンをオークションで見かけて落札しようか迷った時のこと

結局買えなかったけど、後々、Core i3のパソコンを買って満足している
関連記事:Ivy Bridge Core i3搭載の中古デスクトップパソコンをオークションで買っちゃった

Amphis BTO MN522iCi5 TYPE-SR

オークションページには型番が明記されてなかったので、スペックや写真をたよりに探して、それらしいパソコンを発見できた

ユニットコム(パソコン工房)のたぶんこの機種
Amphis BTO MN522iCi5 TYPE-SR|Core i5搭載| パソコン工房

CPUはSandy BridgeのCore i5 2400
OS無しで、メモリは8GBに増設されていた

3年以上前の製品みたいだけど、今メインで使ってるパソコンなんて6年前の物(Core2Duo搭載)だし、全然構わない

甘い考え

このパソコンを1万円以下で落札してゲットできれば、なんて考えていたけど、甘い考えだった

以下、現実を知るまでのメモ

メモリ

メモリが8GBにまず引かれる
DDR3メモリを買うことを思えば、トータルで1万円は余裕でありかな、なんて

メモリの価格が高くなっちゃってる現在だと、他に色々パーツが付いた上で、これはかなり魅力的ではと

デスクトップの自作をしようと妄想するたびに、メモリの価格には悩まされる
関連記事:デスクトップPCのDDR3メモリ増設
関連記事:メモリ 静音パソコンを自作

ただし、中古になるから保証は無い
新品メモリだと永久保証が付くのが結構普通なので、そこは注意

CPUやマザーボード

CPUやマザボードだけでも、こっちはこっちで合計1万円以上の価値はありそう

Sandy Bridgeのi5だし、今のパソコンと比べるとかなり性能はアップ
Core 2 Duo E8400のパソコンを使っているので (SSDにすればまだまだ余裕とは思いつつ…)

関連記事:中古パソコンのCPUの性能の目安
関連記事:古いノートパソコンのHDDをSSDに交換

マザーボードはLGA1155で、HaswellのCPUに交換したりもできないけど、このi5でも数年は使えそうだし十分

Core i5 2400の相場

i5 2400は、単体でもオークションで1万円以上するっぽい

この時すぐじゃなく、もう少し後になってから気付いた

CPU単体でも1万円を超える相場なんだから、それを搭載したパソコン一式を、1万円程度で丸ごと落札できるかもって期待するのはそもそも甘すぎるか

端子類

背面のみだけどUSB3.0が使えるっぽい
今のパソコンでUSB3.0を増設するかどうか迷ってた事もあり、この点でもお得に買えそう、と舞い上がってた

関連記事:USB3.0を増設

DVI端子がデフォで付いている
手持ちのDVIカードを足せば、2画面同時にデジタル表示もできそう
現状、片方のモニタはD-subでのアナログ接続になっちゃってるので

おまけ的に考えるパーツ

その他、パソコンケースやHDDやDVDドライブ、等のパーツも付いてくるし
って、どんどん調子に乗る

PCケース

ケースはそこそこ大きくて余裕がありそうだから、将来的に使い回しもできそう

背面がちゃんと標準的な形状なので、他のマザーボードを入れたりもできる

関連記事:パソコンを安く購入する方法 バックパネル

電源

今使ってるファンレス電源を移動するか、新しく用意してもいい
ファンレスじゃないと耐えられない体になってしまっているので

関連記事:ファンレス電源の比較まとめ

HDD

HDDは音が気になっちゃう可能性がありそうだから、今の静かな2.5インチHDDに交換するか、それこそSSDにしちゃえばいいかなと (結局お金はかかるっていう)

関連記事:デスクトップパソコンを静音化 2.5インチHDDに交換
関連記事:やっぱSSD 静音パソコンを自作

外したHDDは、外付けして、たまにデータのバックアップ取る用にでも

金額換算して計算

捕らぬ狸のなんとやら
現実を知るまで、パーツごとに大体の金額を出して再度計算、というか妄想というか

「もしも」上記のパソコンが1万円以下で落札できちゃったら
7000円前後のSSDと、Windowsのパッケージ版で11000円を追加することになったとしても、3万円以下で、充分過ぎるほどの自作機が作れるのと同等かな(もちろん保証面は抜きで)

i5で自作するとしたら

現行のCore i5で、なるべく似たようなパソコンを組もうとしたら、最低でもいくらくらい費用がかかるのか

パーツ 金額
Core i5 20000円以上
DDR3メモリ 8GB 8000円前後
マザーボード 6000円

以上だけで3万円は超えそう

Windowsを別途購入でさらに1万円以上追加

電源やケースは流用するにしても、4万円は超えちゃう

入札金額の想定ライン

オークションということもあり、競り合いになったらどの程度まで入札しようかっていう想定もしてた (競り合いにならないわけが無かった…)

勝手に2万円相当とする

ターゲットのパソコンは、CPUとメモリとマザーボード、さらにケースとかおまけ色々

中古だとしても2万円程度の価値はある、と勝手に決める
それとも比較して考えてみる

10000円

10000円で済むなら当然余裕でOK

OSを足すだけなら、合計20000円ちょいで、今と比べてバリバリ性能アップした環境になる

15000円

15000円は?
まだ出せる、かな
OSだけ買って、2.5インチHDDを流用で、まだ30000円を切る

やっぱ15000円超えるとなるとさすがに躊躇う…?

新しく組んだ方が?

オークション利用で20000円近くまでいっちゃうのなら、やっぱり新品パーツ(+流用パーツ)で一から組んだ方が良い?
ブレ始める

Haswell Refreshの5000円前後のceleron、それに上で表に書いたメモリとかを合わせて、Windows込みで3万円

※Haswell以降のCPUだと、今の電源を流用はできなさそうだから、買う必要が出てくるか

消費電力

celeronになって負荷時の処理性能は負けちゃうとしても、消費電力の面で少しはメリットはある?

って思ったけど、Sandy Bridge以降のi5だから、アイドル時の消費電力は充分低いか

となると、消費電力の面でceleronにそこまで魅力は無いような…

参考:Sandy Bridgeで真の省電力PCを考える 2/2 | Sandy Bridge再始動 | DOS/V POWER REPORT (真ん中らへんの、システム全体の消費電力の図)

新品のメリット

その他、新品を選ぶメリットを考え始める
CPUはceleronだとして

よく思うことだけど、自分の用途で、そもそもi5の最大負荷まで使うかどうかも微妙

最近の新しいマザーボード・BIOSの方が、中古で買う世代のパソコンのものに比べて、ファン制御とか何かと融通が利いたり、機能が充実してて良いかもしれない、と気付く

もちろん新品なら消耗もしてないだろうし、保証面もやっぱりちょっと気になったり

結果

25000円はさすがに出す勇気がないとして、実際のとこ、20000円で落札できるならやっぱり有り?
使えそうなPCケースもあるんだし、なんてまた迷ったりもした

そうこうしてるうちに、落札期限よりだいぶ早い時点で、10000円近い価格での入札があった

上でも書いたように、i5 2400単体の出品でもまだまだ需要があって、10000円近くで落札されてるんだから、その他もセットで10000円で買えるわけがない
気付くのが遅い

やはり世の中甘くはなかった
最終的に20000円を超え、送料とか諸々込みで23000円ちょっとになる金額で落札されていた

関連記事

スポンサーリンク